薩摩郡さつま町虎居O様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
さつま町虎居

2018年08月09日

【薩摩郡さつま町虎居O様邸】 施工状況

 

さつま町虎居O様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

 

H30年7月

内部施工状況。

丈夫な家を造る柱、桁、屋根の内部構造。

写真に写ってるほとんどが完成すると見えなくなります。

 

 

屋根の構造。

屋根の下地材となる野地板は、15㎜厚の加圧式保存処理材を使用。

屋根の風への耐力UP,そして強さを造っている雲筋交い

 

 

 

 

柱が土台や桁から、抜けることを防ぐための込み栓

昔からある工法のひとつで、今でも大切にされている工法です。

 

外壁工事の準備も始まりました。

外壁施工前の家は、遮熱透湿シートで覆われている状態です。

外気の熱を弾き返し、室内の熱を外へ逃がさない優れたシートで快適な遮熱住宅を造ります。

実際に現場へ行くと、キラキラと太陽の光を反射し、とても眩しいです(・o・)

 

 

 

 

 

 

内部も少しつづ断熱材と、ボード施工が進んでいます^^

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る