薩摩郡さつま町虎居O様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
さつま町虎居

2018年07月15日

【薩摩郡さつま町虎居町O様邸】 施工状況

 

さつま町虎居町O様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

H30年7月

金物施工状況。

耐震壁を造るために必要な筋交い柱、地震や風の横からの力に抵抗します。

柱の上下には、+筋交いプレート施工で強度UP!!!!

ホールダウン金物は、基礎完成時に見えていたアンカーボルトを柱にしっかりと固定します。

こちらは縦揺れに対抗し、柱が土台から抜けることを防ぎます。

ホールダウン金物は、東日本大震災や、熊本地震でも実証されました。

 

施工状況↓

 

 

軒先の施工状況。

一番、雨風にさらされる外側には加圧式保存処理材を使用しています。

緑がかっているのがわかりますか?

これは、腐朽菌などの被害から木材を守る為に、保存剤を木材内部に注入しているからです。

家を長く安全に保つための工夫の一つです^^

 

 

 

屋根の施工状況。

和モダンに良く合うフラットタイプの陶器瓦です。

何十年も色褪せることがないので、後々のメンテナンスを心配する必要がありません♪

また、一枚一枚、瓦同士を噛み合わせる構造なので、台風や地震などの災害にも安心なんですヽ(^o^)丿

防災瓦と言ってもいいですね!!!!

 

 

内部では、床暖房の施工中~

凸凹がないよう平らにならし、

 

電気配線がくる位置に穴をあけます。

 

 

 

配線穴に合わせ、シート状の床暖房材を施工し、床材を貼れば完了です^^

 

さつま町は県内でも寒い地域です。

これで冬場は、足元から暖かい毎日が過ごせそうですね♪

 

ページトップへ戻る