MEYの家

家づくりは家族の今と未来を見つめること。無理せずコンパクトに、憧れと希望をいっぱい載せて。思い描いた未来まで連れていってくれる、木のぬくもりと高い性能に守られた家です。

こだわり・性能

快適

家全体をアルミ蒸着膜で覆い、外壁材の放射熱を反射することで躯体の断熱効果を高めます。

夏は涼しく木陰のように
冬は暖かく日だまりのように

昔に比べて現代の住まいは、断熱性・気密性が増し、ずいぶん快適に過ごせるようになりました。それでも鹿児島の夏の厳しい日射しを絶つのは難しく、日が暮れる頃には室内に熱が溜まって寝苦しい夜を引き起こしています。そこでユウダイホームが着目したのが熱を跳ね返して遮断する機能、遮熱性です。熱を効率よく反射する遮熱材(アルミ蒸着膜)を使って家全体を覆いました。遮熱材は冬の暖房が生み出す熱も室内側に反射させるので、寒さ対策にも有効です。夏はぐんと涼しく、冬はあたたかい。一歩先の心地よさを実現しました。

強さ

確かな技術で
木の強さを最大限に引き出す

ユウダイホームは、1947年創業の木材卸業社・有限会社泊野から生まれた会社です。「木」にこだわり「木」一筋で発展してきた泊野。その知恵と経験に基づく確かな技術で、現在は泊野と提携しながら木の強さを最大限に活かした家づくりをしています。家の要となる通し柱は全て120㎜角という太いサイズ。充分に乾燥させた木材を使うので、収縮が起きず基本の構造が緩みません。上からの荷重を支える桁(けた)は全て厚さ105㎜ですが、幅は150㎜~あり、一般的なハウスメーカーに比べてかなりの太さを誇ります。こうして太い木材をたくさん使って屈強な家をつくり、お客様に安心の笑顔を広げています。

これだけ多くの柱を立てるので強さが増す。

最も狭い幅の桁を標準桁というが、それすら幅150㎜と太くて頑丈。

技術

確かな設計・施工

要望をていねいにうかがって理想の家を設計し、図面からでもイメージできるよう詳しく説明します。施工においては、大工、電気・水道工事業者など確かな技をもつプロとタッグを組み、「頑丈な家づくりは大変だが、やりがいがある」と喜び合える仕事を重ねています。

環境

人に優しい家

10年後、20年後、その先までずっと楽しい家を理想としています。それは同時に、人に優しく、さらに地球にも優しい家でなくてはと考えました。家も地球も先の世代まで引き継ぎたいから、環境に配慮した建材を使い、省エネで暮らせる家づくりに取り組んでいます。

断熱

鹿児島の家づくりの大きなポイントのひとつは、夏の厳しい暑さに対する断熱性です。注意すべき場所は窓や扉といった開口部。夏は暖気、冬は冷気が入り込み、室内の冷暖房の働きが逃げやすい部分で、熱の出入りの約60%が行われます。まず窓にはLOW-E複層ガラスといって、2枚のガラスの間に空気の層を設けて熱の伝わりを防ぐ規格を用い、玄関には断熱ドアを採用しました。さらに壁の断熱材として、高性能グラスウールを使うことで室内の快適さをしっかりと守ります。

高性能グラスウール

断熱性に加え、防音性、防蟻性(シロアリを防ぐ性質)なども際立ち、燃えにくいため火災時には延焼を防ぐ。施工性も高くコストパフォーマンスに優れている。

LOW-E複層ガラス (MEYモデルシリーズ仕様の場合)

熱を遮る力にプラスして、日射しを約60%、紫外線も約76%カット。シャッターやブラインド、カーテンを組み合わせれば日射しを遮りいっそう断熱ができて、空調の負担を減らし節電できる。

耐震

見えない部分だからこだわる
-家族を守る防災対策-

家の土台となる地盤調査は必ず行い、地盤保証制度があるので万が一地盤沈下が起きた場合も安心です。また木の特性を深く知るユウダイホームだからこそ、伝統的な建築技法「込み栓」を採用して土台と柱、桁(けた)を接合します。独特な木組みにすることで柱が自立するほど頑丈になり、材木が膨張伸縮を起こしても家全体は緩みません。壁の軸にも筋交い(すじかい)といって柱と柱の間に斜めに材木を施します。これにより国が規定する壁倍率(壁の強さ)で4という高レベルを実現しました。

地盤保証

地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験で行う

耐震金物

耐震金物

地震や台風により柱が引き抜かれることのないよう、耐震金具で補強

提携

木材・建材の仕入れ販企業と提携だからできる!
高品質で低価格

木材卸業社・泊野と提携することで、家の骨組みである木を卸価格で仕入れ、低価格で高品質の木材を大量に使用して、頑丈な骨太住宅を造ります。「木」一本一本にこだわり、鹿児島の気候に合う、最適な木を使用した住まいを提案しています。

気候

鹿児島の気候に
対応する家づくり

もともと高温多湿で、近年さらにその傾向が強まっている鹿児島。こうした気候に最適な家づくりを目指して、特に断熱と通気性の工法や新製品情報にはアンテナを張り研究を重ねています。もちろん、木材は提携会社・泊野に相談して南国の気候にふさわしいものを選定。その他の材料も断熱性や通気性に優れたものを適所に使って、快適な住空間に仕上げます。

設計

ライフスタイルに合わせて
様々な角度からご提案

「趣味を楽しむガレージや屋根裏部屋がほしい」「共働きなので家事時間が短縮できるような動線を」「こどもが片付けしやすいように収納は多めに」など。自由設計、完全注文住宅なので、お客様それぞれのライフスタイルや将来のプランに合わせた住まいを様々な角度から提案します。

構造材

外壁

キレイが長持ち!

雨が汚れを流す15㎜厚の外壁

家のイメージを左右する外壁をずっと美しく保てたら。そんな願いをかなえる雨水で汚れを落とす技術を選びました。汚れのもととなる物質を特殊な方法で浮かし出しておき、雨が降ってそれが自然に洗い流されるシステムです。壁の厚さは15㎜と耐久性も充分です。

呼吸する壁

外壁通気工法

室内からは人の吐いた息、室外から雨によってという具合に壁には湿気が入り込みやすいものです。滞ったままにしておくと、カビやシロアリ、木材を腐らせる原因菌が発生しやすくなります。そこで壁の中に空気の通り道を作る外壁通気工法を採用しました。湿気を逃がして壁の内部を乾燥させることで、耐久性を高めました。

床材

「木」にこだわるユウダイホームですから、床材は豊富な種類を取りそろえています。天然木のような集成材は通常の床材よりも強度が強く、収縮も少ないです。
ワックスいらずの床材ですので、奥様のお掃除の手間を省いてくれます。

ハイクリーンボード

お部屋の空気をきれいにして、お子様の健康を守ります。

住まいの内装に必要となる下地材には、高品質のハイクリーンボードを使用しました。ハイクリーンボードは、有害物質ホルムアルデヒドが壁や天井の裏から入り込むのを抑え、室内に発生した場合は短時間で吸収分解し再放出しません。空気環境をきれいに保ち、家族の安心・安全をサポートとします。

ホルムアルデヒドはハイクリーンボードに吸収されると、ボード内に含まれる特殊な化学物質により分解され、無害な物質水(H2O)※ になります。
[特許第4213365号] ※ごく微量ですので、ボードの性能には影響しません。

住宅設備

洗面

コスメやヘアケアアイテムがすっきりと片付くように、ミラー裏には収納スペースがたっぷり。ドライヤーやシェーバーの使用・充電がしやい位置にコンセントも配備しました。照明には長寿命で光熱費もカットできるLEDライトを用い、ミラーのくもり止めコーティングも電力フリーという省エネ仕様です。

キッチン

家事が楽しくスピーディーに終えられる装備がそろっています。シンクはキズ・衝撃に強いアクリル人造大理石、床下に設けた収納庫で収納力もアップします。天板の汚れが落ちやすいホーロートッププレートガスコンロ、シンプルな構造で手入れがしやすいお掃除簡単レンジフードなど。水と湯の使い分けや水を止める操作がラクにできるエコ水栓もあって省エネもかなえます。

トイレ

気になるニオイと汚れを自動で抑えるので、いつでも気持ちよく利用できます。高品質の陶器と磁器の組み合わせが最適で、キレイをキープしやすくなっています。トルネード洗浄といって、水流が渦を巻くようにして確実に汚れを落とし、しっかりと洗います。従来に比べて約60%の節水も実現して、環境とお財布に優しくなっています。

浴室

家族みんながほっとしたい場所だから、心地よさを追求したタカラオリジナルを装備しました。浴室のあらゆる部分に保温材を使ってあたたかさをキープ。特にバスタブは高断熱浴槽なので、お湯が冷めずに次の人まで快適で追い焚きの回数も減らせて経済的です。壁面の浴室パネルはカラーバリエーションが豊富なのでお好みにコーディネートを。この浴室パネルをはじめ、フロア、排水口などお手入れしやすい材質・つくりで清潔さもラクに保てます。

ページトップへ戻る