薩摩川内市宮崎町M様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2018年11月29日

【薩摩川内市宮崎町M様邸】地鎮祭~建て方

H30.8月

 

地鎮祭

「雨降って地固まる」ということわざがありますが、

地鎮祭には、とても縁起の良い日なのです(^^)

土地の神様に祈願して家づくりの開始です。

地盤調査も終え、

基礎着工!

 

基礎配筋状況。

まず底面を砕石で踏み固め、鉄筋を組み立てていきます。

職人さんの手によって、構造計算で定められた太さ・本数を

設計図面通りに組み立てていきます。

異型鉄筋13㎜を使用。

高密度配筋!!縦・横200㎜間隔で配筋します。

強度の高いコンクリート使用。

第3者による基礎配筋検査も受け、M様邸いよいよ建て方に入ります☆

クレーン上棟☆

図面通りにプレカット加工された木材を、大工さんたちが巧みに組んでいきます。

さすが、職人技!!!

 

透湿・防水・遮熱のため、タイベックシという耐久性の高いシートを貼ります。

 

屋根部分にもルーフエアテックスを貼っていきます。

このシートは雨水は通さず、湿気は逃がしてくれるという優れものです。

遮熱もバッチリで、一般的なシートと比較してみると6~8℃もの違いがあります。

瓦もクレーンで運びます。

天候にも恵まれた1日になりました(^^)

 

 

ページトップへ戻る