東谷山(O様邸)完成しました!

完成

コンセプト
MEYの家
建物
-
所在地
-

2018年08月25日

【鹿児島市東谷山O様邸】施工状況

 

 

H30年7月~8月

 

基礎完成後、土台敷き~クレーン上棟~内部工事を行います。

 

 

まず、基礎の上にロング基礎パッキンを全周に施工し(矢印部分)、

その上に土台を施工(土台敷き)していきます。

 

従来の家には、基礎部分に床下換気口がありましたが

基礎に穴をあけるので、地震などの時にそこからヒビが…

ということもありました。

 

ですが、基礎の上に通気口(基礎パッキン)を設けることで、

基礎のコンクリート強度はあがり、隙間が小さいので

虫や小動物の侵入を防ぎます。

さらに全周に敷くことでよどみなく空気の入れ替えが

可能となります。

 

 

H30.8月

クレーン上棟。

お手伝いして頂く大工さん5~6人で、

家の骨組みとなる柱を立てていきます。

 

内部工事施工中の写真になりますが、

柱の本数が多いことおわかりいただけますか?

これがとまりの・勇大ホームの見ていただきたい部分です(*’▽’)

 

 

上棟後の内部。

補足材・耐震金物の施工。

 

 

柱に対角線上に施工されている筋交い柱。(矢印部分)

柱をたすき掛けすることで、強い耐震壁になります。

そして台風が多い鹿児島では雨風による横揺れが心配ですが…

筋交いプレートをつけることで横揺れに強くなり、

柱と柱をしっかり固定していますので安心です(*^^*)

 

 

 

ページトップへ戻る