鹿児島市西坂元町I様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2015年12月27日

【鹿児島市西坂元町I様邸】解体工事~クレーン上棟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

床下地材である構造用合板も千鳥張りで施工されています

千鳥張りで施工する事で水平耐力が上がり地震や台風に強い家に仕上がります


加圧式保存処理材 の施工状況確認

破風板と軒先の野地板(広小舞)の色が周りと違うのが解るでしょうか?

こうする事で、屋根の耐久性は飛躍的に向上します


屋根に、陶器瓦の下地材である瓦桟を施工しました

この瓦桟の施工方法にもコツがあります
ただ施工するだけでは、ありません

 
 
 
平成27年11月1日
本日は上棟祭です


棟に皆さんで登って祝詞をあげました

写真には無いのですが・・・・桜島が真正面に見えて綺麗happy02

 
 
 

内部の構造の自主検査開始です

先ずは 込栓 の施工状況です

柱の柱頭と桁とが込栓により緊結されています

ホールダウン金物25KN の施工状況

地震時の柱の座屈・すっぽ抜けに抵抗します

肝心要の金物です

桁と桁とを接合する羽子板ボルトの施工状況です

ボルトの締め忘れもなく確実に施工されています

耐力壁の要

筋交いの施工状況です

45×90の筋交いのたすき掛けで壁倍率4 の耐力壁となります

今回も大量に筋交いを入れました

台風15号以上の強さの台風は、今後、鹿児島に上陸する可能性大です

フィリピンなどを襲った風速70m級の台風も必ず上陸すると思います

万全を期します

屋根の形を保つ、振れ止め(雲筋交い)の施工状況です

綺麗に施工されています

洗面脱衣室の換気扇の穴

気密パッキンで隙間なく施工していきます

全ての開口部を先行して行い、気密と防水処理を行います

外壁工事が始まりましたので、外壁通気工法 の確認

確実に通気が取れます

色んな事の積み重ねで、高耐久な家は仕上がっていきます

さてさて、基本的な工事は終盤を迎えています

これから、内装などの仕上げ工事に関わる工事を行っていきますよ

ページトップへ戻る