2018年02月01日

【鹿児島市明和3丁目A建売住宅】 着工~ 

 

鹿児島市明和3丁目A 新築建売住宅の工事の施工状況です。

 

H29年11月

基礎工事。

基礎の底面を砕石や割石で踏み固め、シロアリ対策の土壌処理を行います。

 

 

 

基礎コンクリート打設状況。

使用するコンクリートの強度は24N/m㎡  (一般的な強度18N/m㎡)

家造りの中でも重要な基礎、こだわって施工しています。

 

 

 

 

 

 

完成した基礎の上にロングパッキンを施工し、土台を敷きます。

ロングパッキンを施工することで、

基礎内部の通気性が確保されます。

 

 

土台に一部使用している緑色の木材は、加圧式保存処理材。

シロアリや、腐朽菌などの生物被害から守るため、

10気圧以上の高い圧力をかけながら保存剤を木材に注入したものです。

 

 

上棟後。

家全体を覆っているのは、遮熱透湿シート

高温多湿な鹿児島で、

快適な暮らしを送るために必要なとても優れたシートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実績の一覧に戻る

ページトップへ戻る