薩摩郡さつま町宮之城屋地T様邸 Ⓑ

施行中

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
薩摩郡さつま町宮之城屋地

2020年04月14日

【薩摩郡さつま町宮之城屋地T様邸】 施工状況

 

さつま町宮之城屋地T様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

=透湿遮熱シート施工=

通気層構法における外壁下地材として、躯体全体に施工します。

外からの熱気は弾き返し、室内の暖かさは外へ逃がさない。優れたシートです。

遮熱性・防水性の劣化が少ないのも特徴です^^

 

遮熱シートの上から、外壁材を施工。

躯体と外壁の間に通気層を設けて施工しますので、壁内部の湿気が溜まらず建物の耐久性が上がります♪

 

 

壁やサッシが入るとだいぶ家らしくなりますね^^

 

=床材施工=

 

桜の床材は、杉に比べると固めですが、

足触りはとっても良いです^^

 

工程も順調に進んでいますので、第三者機関による躯体検査を行いました。

柱や桁の補足材、それに伴う耐震金物の施工状況など、、

問題なく合格でした◎

 

 

=屋根内部=

桁の太さが良くわかります^^

内部構造は今しか見れないので、写真を多めに撮りがちです(笑)

 

 

屋根の強さを造る雲筋交いもしっかり施工されていますね!!

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る