薩摩郡さつま町船木O様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
薩摩郡さつま町船木

2018年06月14日

【薩摩郡さつま町船木O様邸】 基礎工事~クレーン上棟

 

さつま町船木O様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

 

H30年5月

家造りの中でも重要な基礎工事。

愛さ木の家シリーズでは、底面から立ち上がりまで全てを13㎜の鉄筋で施工します。

基礎配筋に興味のあるかたはほとんどおりませんが、

見えない部分だからこそ、どのように作業し工程が進んでいくのかお見せします^^

 

弊社の基礎配筋は、200㎜間隔の正方形で組んでいます。

 

 

 

基礎コンクリート打設状況。

打設するコンクリートは、一般的に使用されるコンクリートより強度があるものを使用します。

家を支える重要な部分ですから、使用するものにはこだわって施工しますヽ(^o^)丿

 

 

 

 

 

土間部分。

 

 

基礎完成~

 

 

 

基礎完成後は、上棟するための下準備!!!!

土台敷き工程です。

予め、シロアリなどの生物被害から守るために、保存剤を注入した木材を敷きます。(加圧式保存処理材)

シロアリ等の被害も防げるうえに、木材の耐久性もUPします。

 

 

基礎内部の通気を確保するためにロング基礎パッキンを施工。(基礎と土台の間の黒い部分)

基礎の全周に施工していますので、換気性能UP!!!!

 

 

 

H30年6月

クレーン上棟です。

雨の季節ですので、常に天気予報を気にしながら、やっと迎えたこの日です(・o・)

どうか予定している工程までお天気が持ちますように・・

棟梁をはじめ関係者のみなさま

安全に気を付けながら作業をお願い致します。

 

 

 

 

ページトップへ戻る