薩摩郡さつま町船木O様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
薩摩郡さつま町船木

2018年06月26日

【薩摩郡さつま町船木O様邸】 施工状況

 

さつま町船木O様邸 新築住宅工事の施工状況です。

H30年6月

屋根施工状況。

瓦を施工するため屋根のルーフィングを敷き、

屋根の防水性を高めます。

ルーフィングには、瓦の熱を弾き返す遮熱性屋根裏の湿気のみを通過させる透湿性も備わっています^^

 

 

 

ルーフィングの上に瓦桟を敷き、瓦施工の開始です。

愛さ木の家では、陶器瓦を使用しています。

瓦を一枚ずつ固定し、さらに瓦同士をかみ合わせる構造になっているので、

防災瓦として、台風や地震にも安心です!!!!

 

 

瓦、施工後。

フラットタイプの瓦は、和モダンの住宅によく合います^^

 

 

内部の施工状況です。

柱、桁、屋根の内部構造、どうでしょうか?^^

柱の本数、桁の太さ、耐震金物の数は実際にご覧いただきたい自慢の構造です!!

 

 

 

 

 

 

耐震金物の自主点検をしていきます。

まずは耐震性に優れた壁を造るための金物と、補足材(筋交柱)

 

 

ホールダウン金物・・・地震時などに柱の抜け落ち、倒壊を防ぐ。東日本大震災や熊本地震でも実証されています。

▶筋交いプレート・・・・・耐震壁を造るための筋交い柱を固定。

 

 

込み栓・・・土台・桁・柱を接合。

 

自主点検をし、第三者よる金物検査も無事に合格でした♪

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る