薩摩郡さつま町広瀬T様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
さつま町広瀬

2018年06月14日

【薩摩郡さつま町広瀬T様邸】 施工状況

 

さつま町広瀬T様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

H30年6月

上棟後の内部の様子。

柱・桁・梁・屋根裏の施工状況がよくわかる写真です♪

火打ち梁・・・地震や台風時の揺れを防止。

筋交い柱・・・耐震壁を造ります。たすき掛けをすることで強い壁になります。

 

桁の太さ・柱の本数にも注目です^^

全体のいたるところに筋交い施工がされています。

 

 

 

 

外部工事の様子。

前回の施工状況でお伝えした屋根のルーフィングの上に瓦を施工。

愛さ木の家シリーズで採用している陶器瓦は、

全ての瓦を屋根に固定し、さらに瓦同士をしっかりとかみ合わせて施工します。

その為、優れた耐震性と耐風性があります。地震や台風にも安心な防災瓦としても最適です◎

 

 

 

家を覆う、透湿遮熱シート

天気がいい日は、眩しいくらいに光を反射しています。

それだ熱気を反射し、家に中を快適に保つことができるということです^^

もちろん冬は室内の暖かさも、外には逃がしません!!

本当に優秀なシートです♪

 

 

 

 

ページトップへ戻る