薩摩郡さつま町宮之城屋地モデルハウス

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2017年01月12日

【さつま町宮之城屋地モデルハウス】施工風景

 

 

さつま町宮之城屋地モデルハウスの施工状況をお伝えいたします。

H28年12月

基礎が完成しましたので、次工程の土台敷き込み工程です。

 

 

 

 

 

 

床断熱材、床下地材まで終わると、クレーン上棟に向けての準備が始まります。

まずは、柱を立てていきます。

 

 

耐震構造の重要な部分です。

 

 

 

安全を確認しながら、クレーンでの上棟開始です。

 

 

 

 

 

家の形がみえてきました

 

 

 

 

外壁工事も始まりました。

 

 

外壁はダークトーンで落ち着きのある仕上がりになる予定です

 

 

2階部分は、外壁施工前で遮熱透湿シートが貼られた状態です。

 

 

内部の施工状況です。

 

 

火打ち梁の施工状況。

計画的に施工されていて、地震や台風時の揺れを防止し、

天井の水平耐力に欠かせないものです。

 

 

 

 

筋交い柱の施工状況。

筋交いの施工は、地震に抵抗する耐力壁を作るのに重要なものです。

筋交いの柱の両端は、2倍筋交いプレートで柱と接合されています。

 

 

 

筋交プレートの施工状況と、屋根の強さを形成する雲筋交いの施工。

そして、当社自慢の太い桁。

写真でも十分に構造の強さが伝わるんではないでしょうか?

 

 

 

 断熱材の施工も始まりました。

 

 

隙間なく敷き詰めます

 

 

モデルハウスの施工、順調に進んでいます。

寒い日が続く中、作業していただいている皆様に感謝です

ありがとうございます

 

 

ページトップへ戻る