薩摩郡さつま町宮之城屋地M様邸

施行中

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2020年02月13日

【薩摩郡さつま町宮之城屋地M様邸】 土台敷き~クレーン上棟

 

さつま町宮之城屋地M様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

 

=土台敷き=

上棟を行う前段階として、完成した基礎にロング基礎パッキンを施工します。

これは、基礎内部の通気を確保するためのもので、

全周に施工することで通常の2倍の換気を行うことができます♪

 

 

また、構造に使用する木材には防蟻処理剤を散布し

生物被害から家を守ります!!ヽ(^o^)丿

防蟻処理剤は、しっかり安全性・効力が証明されています😊

 

 

 

=クレーン上棟=

愛さ木の家の最大の特徴でもある太い柱と桁で

屋根まで一気に組み上げます!!

 

 

柱はすべて4寸角(120㎜)。

桁の厚み、すべて120㎜×最大幅450㎜を使用しています。

 

組みあがると圧巻の迫力ですヽ(^o^)丿

 

 

屋根を守る遮熱ルーフィング

防水と遮熱の両方を可能にしたシート。

湿気を通し、屋根下地の蒸れを防止するので

腐朽・変形・カビなどが起こりにくくなります♪

 

 

 

 

=内部構造=

屋根内部構造。

野地板施工が美しく、吸い込まれそう(笑)

建築途中の今しか見れないので、特別感がありますね♪^^

 

 

 

=ダイライト施工=

面で支える耐力面材。

自然災害での倒壊や火災の主な原因は、壁と構造材の劣化と言われています。

また、劣化する原因は湿気やシロアリ被害です( ゚Д゚)

しかし、ダイライトは無機質素材で造られているため

湿気を通し腐れません!! 腐れず劣化しないので耐震性能が続くということになります♪

 

鹿児島の気候に合う最適なものを使い、強い家に仕上げていきます(*’▽’)

 

 

 

ページトップへ戻る