薩摩郡さつま町宮之城屋地M様邸 Ⓔ

施行中

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2020年05月23日

【薩摩郡さつま町宮之城屋地M様邸】 基礎工事

 

さつま町宮之城屋地M様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

=基礎配筋=

床堀で底面をしっかり固めたら、

地面から湿気の侵入を防ぐために防水シートを施工します。

 

 

 

 

配筋検査

第三者機関のよる検査を受けます。

図面通りに施工されているか、継手箇所が確実に結束されているかなどをチェックします。

13㎜と太い鉄筋を使用しているため、大人の男性が乗ってもビクともしません(*’▽’)

 

 

 

=基礎コンクリート打設=

配筋検査が合格でしたので、コンクリート打設をして基礎が完成となります^^

 

 

 

 

=土台敷き=

基礎全周にロング基礎パッキンを施工し、躯体の土台となる部分を造ります。

土台に使用する木材は、シロアリや腐朽菌などの生物被害から守るため、

あらかじめ保存剤を注入したものです。(加圧式保存処理材)

高い気圧をかけながら保存剤処理を行うので、木材自体の耐久性も上がります♪

 

ページトップへ戻る