薩摩郡さつま町宮之城屋地M様邸

施行中

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2020年03月09日

【薩摩郡さつま町宮之城屋地M様邸】 施工状況

さつま町宮之城屋地M様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

=床材施工=

一枚一枚、丁寧に張り合わせ施工していきます。

 

床材も様々な種類がありますので、部屋ごとに色や材質を変えて楽しむのも良いですねヽ(^o^)丿

 

 

=断熱材施工=

高性能グラスウールの断熱材は、厚み90㎜、長さ2880㎜サイズのものを使用。

長さがあるので、継ぎ目なく桁まで施工できます。

断熱材同士の隙間が生まれませんので、十分に性能を発揮できます!!

 

 

土台から桁までしっかりと施工されています♪

 

=ボード施工=

内装下地材のハイクリンボード。

防火・耐火、防音などの性能に加え、

シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを吸収し、分解する性能の兼ね備えた

優秀なボードです。

家全体の空気をきれいに保ちます^^

 

 

 

 

=外壁施工=

 

 

写真のように通気層を設け外壁を施工します。(外壁通気工法)

通気層を設け、壁内部から湿気が排出され建物の耐久性を向上させます。

 

また、躯体全体に貼られている透湿遮熱シートは、

通気層構法における外壁下地材として、優れた性能を発揮します。

 

長時間使用しても、遮熱性・防水性の劣化が少なく

アルミニウムの力が輻射熱をうまくコントロールすることで、一年通して過ごしやすい家となります^^

 

 

ページトップへ戻る