薩摩郡さつま町宮之城屋地S様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2020年04月04日

【薩摩郡さつま町宮之城屋地S様邸】 クレーン上棟

 

さつま町宮之城屋地S様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

=クレーン上棟=

令和2年3月 クレーン上棟。

青空に棟梁たちの元気な声が響き、にぎやかな現場では

いつものチームワークで順調に建方が進んでいきます^^

 

柱は、すべて4寸角(120㎜)の乾燥材

乾燥材を使用することで木材の収縮を防ぎ、寸法狂いや木痩せによる金物の緩みを防止します!!

 

 

 

 

屋根の形もみえてきました~

 

屋根の防水性を高める遮熱ルーフィング施工

屋根下地への雨水の侵入を防ぐ止水性

屋根内部の温度上昇を防ぐ遮熱性、また透湿性にも過ぎれているため、蒸れ・カビ・変形も防ぐことができます!!

 

 

耐力壁ダイライトを施工後の内部。

万が一の災害時に倒壊を防ぐには、壁の強度は最重要です!!

ダイライトは、大きな力を面全体で受けとめ、分散させるので災害時にも力を発揮します♪

 

 

 

=躯体検査=

第三者機関による躯体検査。

設計図を確認しながら、柱・梁・桁、金物や補足材など細かく検査します。

 

無事に検査をクリアしましたので、次工程へ進みます~

ページトップへ戻る