薩摩郡さつま町宮之城屋地T様邸 Ⓕ

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2020年02月13日

【薩摩郡さつま町宮之城屋地T様邸】 内部施工状況

 

さつま町宮之城屋地T様邸 新築工事の施工状況です。

 

 

=躯体検査=

無事に上棟を終えましたので、第三者機関による躯体検査を行います。

・柱、桁、梁など設計図通りか

・耐震金物の施工状況・アンカーボルトの位置

など細かく検査します。

 

 

 

施工状況に問題はなく合格でした◎^^

 

 

=内部構造=

地震や台風時の屋根の揺れを防止する火打ち梁

屋根の強さを形成する雲筋交い

どちらもしっかり施工されています!!

 

 

 

柱はすべて4寸角(120㎜)の乾燥材を使用。

乾燥材を使用することで木の収縮を防ぎ、金物が緩むことを防止します。

 

 

 

 

=透湿遮熱シート=

通気層構法における外装下地材。

夏は涼しく、冬は暖かい遮熱性能と躯体の劣化や腐敗を防ぎ

透湿・防水性能が長持ちする優れたシートです。

 

 

 

 

ページトップへ戻る