薩摩郡さつま町田原M様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
-
所在地
-

2019年09月17日

【薩摩郡さつま町田原M様邸】 工事着工

 

さつま町田原M様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

=工事着工=

地鎮祭から時間が空いてしまい、お待たせしてしまいましたが・・

いよいよM様邸、工事開始です^^

まずは、床堀作業。

基礎の底面を、砕石や割石で踏み固めていきます。

 

 

 

広々とした敷地にドーン!!と、ゆったり平屋のお家です♪

 

強く丈夫な基礎を造るためには、

鉄筋にもこだわります^^

弊社では、全て13ミリの鉄筋を使用。一般的に使用される10ミリの鉄筋と比較すると・・

 

一目瞭然!!!!

人の手では加工することができないため、機械で加工し配筋作業を行います。

 

 

住宅金融公庫基準では300ミリ間隔となっているところ、

弊社では200ミリ間隔で施工しますので、密に組まれてことがわかりますね^^(鉄筋量は1.7倍)

 

 

そして、コンクリートにも強度があるのをご存知ですか?

見た目では全く分かりませんし、コンクリート強度について尋ねる方も少ないかと思います・・

一般的施工:強度18N/㎟

弊社施工:24N/㎟

コンクリートの強度を表す数値は、数値が大きいほど圧縮強度が大きいということになりますので、

丈夫な基礎ができるということになります^^

 

立ち上がり部分もコンクリートを流したら基礎の完成です。

 

 

=基礎完成=

基礎から出ているボルトは、アンカーボルトと言い

基礎と家を繋ぐ役目があります。

短いボルト→土台に。

長いボルト→柱にしっかりと繋ぎます!!!!

 

 

 

 

 

ここからはクレーン上棟に向けて、工事が進んでいきますよ~^^

 

 

 

ページトップへ戻る