薩摩郡さつま町湯田N様邸

完成

さつま町

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
さつま町湯田

2016年07月21日

【薩摩郡さつま町湯田N様邸】自主検査

自主検査

 

 

さつま町湯田N様邸 新築住宅の施工状況をご報告いたします。

 

 

H28年7月15日

 

自主検査の様子です。

 

 

 

木造軸組の内観。

 

 

 

 

 

家が完成するとほぼ見えなくなる部分ですが、多くの柱と太い桁で構成されています。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

筋交い施工。

 

 

多くの筋交い施工が施されています。

 

 

 

 

 

地震に対する抵抗力の要です。

 

 

 

 

 

火打ち梁の施工状況。

確実に施工されており、地震や台風時の揺れを防ぎます。

込み栓もしっかりと打ち込まれています

先人が考えられた素晴らしい技法です。

 

雲筋交いの施工。

これで屋根の風耐力があがります。

そして、組まれた柱や桁をより耐震強度の高い家にしていくために、耐震金物を施工していきます。


 

オメガコーナー15KN 

大きな力が加わる柱に施工されます。

 


一般的なものは7KNですが、当社では25KNの力に耐えることのできるホールダウン金物を使用しています。

柱の抜け落ちがなければ、地震時に家の倒壊を防げますよねhappy01

ホールダウン金物の効果は、東日本大震災でも実証されています。


自主検査は全て合格
 
 
 

 

 


 

外では遮熱シートが貼られています。

非常に効果の高いシートです。

この上に外壁材を貼っていきます^^

屋根も仕上がってきました。

 


 


軒先は、腐れやすい箇所なので初めから腐れにくい材料(加圧式保存処理材を使用しています。

鹿児島県は台風などの影響が多い為、重要なんです!!


室内ではフローリングの施工も始まりました。

次回は家の外観、内部の間取り等わかってくるのではないでしょうかhappy01


楽しみにしていてください。

ページトップへ戻る