薩摩郡さつま町船木K様邸

完成

コンセプト
MEYの家
建物
木造平屋建て
所在地
薩摩郡さつま町 船木

2018年05月08日

【薩摩郡さつま町船木K様邸】  施工状況

 

さつま町船木K様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

H30年4月

断熱材施工と、防火ボード施工の様子。

桁までしっかり施工された断熱材。

高性能グラスウール 厚さ100㎜のものを使用。

 

防音性・防蟻性・撥水処理・耐薬品性・法定不燃材料の性能があります。

継目がないため、確実に施工できるのが特徴です。

 

 

キッチン側はボードの施工まで終了しています。

断熱材→ボードカット→ボード貼り付けの作業を

壁天井の全て行いますので、時間と手間のかかる作業です。

 

 

 

同時に外壁工事も進行中です^^

家全体を遮熱透湿シートで覆い、外気熱を遮断します。

さらに、外壁は通気工法で躯体と壁の間に湿気を溜めない工法を用いています。

 

写真のように通気層を設けることで、耐久性・遮熱性の向上をはかります。

 

 

 

 

 

H30年5月

クロス施工開始です。

ボードの継手を平滑にする為、パテ処理を行います。

白い箇所がパテ処理済。

クロスを貼ったときによれたり、シワにならないための大事な作業工程です。

職人のKさん、ちょうど休憩中でした^^

クロス施工終了までよろしくお願いします♪

 

 

 

 

ページトップへ戻る