薩摩川内市宮崎町S様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
薩摩川内市宮崎町

2016年08月01日

【薩摩川内市宮崎町S様邸】地鎮祭

薩摩川内宮崎町S様邸の新築住宅工事の施工状況です。

 

 

 

H28年8月

地鎮祭を行いました。

 

 

 

ご満足いただける家に仕上げてまいります。

S様、よろしくお願い致しますhappy01

 

H28年11月

 

家の形がわかるまで工事が進み、

 

 

 

家全体に、遮熱透湿シートを張り終えた状態です。

このシートの効果は非常に高く、夏の熱気を外へ弾き返し、冬の暖かさは室内へと弾き返します。

 

 

 

 

内部の現況。

太い柱と桁で組まれていて、柱の本数が多いのが当社の自慢です。

 

内部を細かくみていくと・・・・

地震や台風時の揺れを防止する火打ち梁。
施工状況、問題なしです

 

耐震壁を形成する筋交いと、
柱と筋交いを結合する筋交いプレート

 

 

 

 

柱と土台の接合部分に打ち込む込み栓

 

日本の伝統的な工法ですが、最近ではあまり見かけなくかりました。

 

しかし、素晴らしい先人の知恵で、とても理にかなっていますので積極的に取り入れていきますhappy01

 

 

 

次は、ホールダウン金物25kN

 

柱と基礎を接合しています。

地震時に柱の引き抜き力に対抗し、柱が抜け落ちることがないので、地震などで家の倒壊を防ぐことができます。

 

 

 

このホールダウン金物の効果は、東日本大震災でも実証されています

 

 

 

 

 

 

床材施工の前に、構造用合板を千鳥張りで張り水平耐力の向上を目指します。

 

 

 

内部、外部とも順調に工事が進んでいます。

 

 

 

次回は、外壁の施工の様子などお伝えできればいいな・・と思っていますhappy01

 

 

ページトップへ戻る