薩摩川内市永利町F様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
薩摩川内市田崎町

2018年05月11日

【薩摩川内市永利町F様邸】 施工状況

 

薩摩川内市永利町F様邸 新築住宅工事の施工状況です。

H30年5月

外壁が施工されました。

家を覆っていた透湿遮熱シートと、外壁との間に通気口を設けて施工する外壁通気工法を採用しています。

通気層があることで内部結露を抑えられること、

また、熱も溜めないため家の遮熱性もあがります^^

 

愛さ木の家シリーズでは、陶器瓦を使用します。

何十年も色褪せることなく、高額なメンテナンス不要でECO!!!!

色や形の種類も豊富なので、組み合わせを選ぶ楽しみが増えますね♪^^

 

 

 

軒先に使用している木材。

ほかに比べると、緑がかっているのがわかりますか?

これは、軒先が雨・風にさらされ傷みやすいので、加圧式保存処理をしているからです。

加圧式保存処理材・・木材をシロアリや腐朽菌などの生物被害から守るため

         保存剤を10気圧以上の高い圧力をかけながら注入した木材。

 

 

 

 

内部工事の様子。

断熱材、防火ボード施工が始まっています。

壁ができ間取りがわかるようになると、私も現場の写真を撮りにいく楽しみが増しますヽ(^o^)

 

 

 

 

しっかり桁まで断熱材が施工されているのが確認できます。

 

 

 

 

ここから天井部分も同じように仕上げていきます^^

 

 

 

ページトップへ戻る