薩摩川内市東郷町K様邸

完成

コンセプト
愛さ木の家
建物
木造平屋建て
所在地
薩摩川内市東郷町

2018年01月23日

【薩摩川内市東郷町K様邸】  施工状況

 

薩摩川内市東郷町K様邸 新築住宅工事の施工状況です。

 

 

H30年1月

先日、無事にクレーンでの上棟と屋根瓦の施工が終了しました。

 

 

 

 

 

内部施工の様子。

弊社の最大の特徴は、圧倒的な柱・桁のサイズと本数です。

 

 

 

 

桁の太さがよくわかる天井~屋根部分の施工状況。

屋根の下地になる野地板は15ミリの厚さ、加圧式保存処理材を使用しています。

 

<加圧式保存処理材>・・・木材をシロアリや腐朽菌などの生物被害から守る処理方法。

           保存剤を10気圧以上の高い圧力をかけながら木材内部に注入します。

 

写真にある雲筋交いは、屋根の強さを形成し風耐力をUPさせる役割があります。

 

 

 

 

火打ち梁は、地震や台風時の揺れを防止してくれます。

 

ホールダウン金物25KNは、柱の頭と足に施工することで

地震時の縦揺れに効果があり、土台や桁から柱が抜け落ちることを防ぎます。

(東日本大震災や、熊本地震でも実証されています)

 

耐震金物・補足材は問題なく施工されていました。

 

 

 

 

床材張りも進んでいました!!!!

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る